がんの在宅療養 地域におけるがん患者の緩和ケアと療養支援情報 普及と活用プロジェクト
  • HOME
  • 在宅療養ガイド
  • 活動・フォーラム
  • 活動に寄せて
HOME > 在宅療養ガイド

がん患者さんが安心してわが家で過ごすために
ご家族のための がん患者さんとご家族をつなぐ在宅療養ガイド

在宅療養ガイド

この本は、ご家族やご友人など、周りの方向けに作成したものです。がんを患った方が、その人らしい生活を維持しながら、自宅や施設などの身近な場所で過ごすときに役立つ情報をまとめました。医療、介護、福祉のスタッフ、そして、これからの在宅での療養をよりよくしたい患者さん、ご家族、ご遺族の意見や提案をまとめる形でつくられています。

在宅で療養する患者さんとご家族が必要とする情報は、多岐にわたります。幅広い情報を盛り込み、体験談も多く掲載しています。

不安や心配なことがあればいつでも近くの医療者、介護・福祉のスタッフなど、周りの人に相談することができます。住み慣れた環境のもとで安心して過ごすために、ぜひご活用ください。

「地域におけるがん患者の緩和ケアと療養支援情報プロジェクト」チーム
書籍購入のご案内 エピソード募集
もくじ


第1章 在宅での療養を始める
1-1.本人と家族の心構えと準備
  1-1-1. 家族の心の準備は、相談できる話し相手を見つけることから
  1-1-2. 療養を考えるときの、患者さん本人とのコミュニケーション
  1-1-3. 在宅での療養環境を整えるには
  1-1-4. 在宅での生活に向けた手続きや相談を進めていきましょう
1-2.一緒に療養を支えるパートナーを探す
  1-2-1. 一緒に療養を支える在宅支援チームとめぐり合うために
  1-2-2. 在宅支援チームとの関わり方のコツ
1-3.在宅での療養を始めるにあたって
  1-3-1. 本人と家族のコミュミケーションの工夫
  1-3-2. 在宅療養の生活では、こまめな相談と連絡がポイント
 
第2章 「最期のとき」に向き合うこと
2-1.「最期を考える」ことに向き合う
  2-1-1. 大切なひとの「最期のとき」を受けとめるのは、決して簡単なことではありません
  2-1-2. 「お別れの時期が近づいている」と認識することは、これからの生き方に大きな変化をもたらします
  2-1-3. お別れのときを受けとめるために、まず一歩進んでみる
2-2.在宅での療養について考える
  2-2-1. 最期のときを過ごす「ところ」を考える
  2-2-2. 満足できる在宅での生活を送るために
  2-2-3. 在宅で最期を迎え、看取るということ

第3章 人生の最期をともに生きる
3-1.人生の最期をともに過ごす
ー心と体の変化に寄り添うには
  3-1-1. 本人の意思を確認して過ごし方を考える
  3-1-2. 患者さん本人の心理的な変化に寄り添う
  3-1-3. 痛みやつらさなどの症状を、積極的にコントロールする
    ○痛みのコントロール
○食欲不振、嘔吐、便秘、呼吸困難など
 
  3-1-4. 家族が行えるケアや介助を知っておく
    ○口の中のケア(口腔ケア)
○食事
○排泄(ベッド上での排泄)
○体の清潔(入浴、清拭)・スキンケア
○体位交換
3-2.本人と家族の心のケア
  3-2-1. 状況の変化に応じて本人と心を通い合わせる
  3-2-2. 家族にとって、大切な心のケア
 
第4章 お別れの時期
4-1.看取りのときを迎える
  4-1-1. 人生の最期を迎えるときに、温かく寄り添うには
  4-1-2. 最後のときの備え(葬儀について)
  4-1-3. 最期が近づいたときの変化と対応を知っておく
4-2.大切なひとを失ったご家族へ
  4-2-1. お別れの後、ご家族に起こる心と体、生活の変化に向き合う
  4-2-2. グリーフ(悲嘆)と向き合い、自分らしい生活リズムへ
 
お役立ち情報
5-1.在宅療養に必要な介護用具
5-2.在宅療養に関わるお金の話
5-3.在宅支援チームを構成する職種

関連情報
関連情報(リンク) 用語の解説用語の解説
おわりに
製作者・協力者一覧奥付
 
ご家族の体験談集
ご家族の体験談をまとめて読めます(全12話)
ご家族の手記
冊子以外の追加コンテンツです(近日公開)

PDFファイルで全ページダウンロード 4MB PDF
読みたいページだけをダウンロードすることもできます。


はじめに(PDF PDF
目次(PDF PDF
この本の読み方(PDF PDF
第1章 在宅での療養を始めるPDF PDF
 1-1.本人と家族の心構えと準備(PDF PDF
 1-2.一緒に療養を支えるパートナーを探す(PDF PDF
 1-3.在宅での療養を始めるにあたって(PDF PDF
第2章 「最期のとき」に向き合うことPDF PDF
 2-1.「最期を考える」ことに向き合う(PDF PDF
 2-2.在宅での療養について考える(PDF PDF
第3章 人生の最期をともに生きるPDF PDF
 3-1.人生の最期をともに過ごす
ー心と体の変化に寄り添うには(PDF PDF
 3-2.本人と家族の心のケア(PDF PDF
第4章 お別れの時期PDF PDF
 4-1.看取りのときを迎える(PDF PDF
 4-2.大切なひとを失ったご家族へ(PDF PDF
 
お役立ち情報PDF PDF
 5-1.在宅療養に必要な介護用具(PDF PDF
 5-2.在宅療養に関わるお金の話(PDF PDF
 5-3.在宅支援チームを構成する職種(PDF PDF
関連情報PDF PDF
 関連情報(リンク)(PDF PDF
 おわりに(PDF PDF
 用語の解説(PDF PDF
 索引 (PDF PDF
 製作者・協力者一覧(PDF PDF
 奥付(PDF PDF

PDFでの冊子体の作り方
この冊子は1ページをA5判サイズで印刷するように作成しています。冊子をご自身のプリンタでA4用紙を用いて印刷する場合の方法は以下の通りです。冊子体印刷などの印刷設定については、プリンタのマニュアルなどを参考にしてください。
  1. Adobe Reader 7.0 以降を使用してください。
  2. PDFファイルを開いて、「印刷」の設定画面を開きます。
  3. 「ページの拡大/縮小」「割り付け」などの設定で「1枚に2ページを印刷」するように変更します。
  4. 印刷設定が以下のようになっていることを確認します。
    「1枚あたりのページ数:2」 「ページ順序:横」
  5. A4用紙に印刷し、用紙を半分に山折りします。
掲載日:2015年10月15日  更新日:2016年4月4日
アンケートにご協力ください アンケートページへ
「がんの在宅療養」ウェブサイトについて、あなたのご意見・ご感想をお寄せください。