がんの在宅療養 地域におけるがん患者の緩和ケアと療養支援情報 普及と活用プロジェクト
  • HOME
  • 在宅療養ガイド
  • 活動・フォーラム
  • 活動に寄せて

3-2.本人と家族の心のケア

3-2-1.状況の変化に応じて本人と心を通い合わせる

病状が変化していくなかで、治療を始めた頃や、在宅での生活を始めた頃に比べ、本人の体はだいぶ衰弱し、精神状態にも変化が見られるようになるかもしれません。お別れのときが間近に迫っていることを強く感じざるを得ない場面も増えてくるでしょう。家族も介護の疲れがたまっているかもしれません。それでも、可能なかたちで本人と心を通い合わせることがお互いの支えとなります。

家族Sさんイラスト主人は、物静かな性格でしたが、最近はよく不機嫌になり、私や娘が話しかけても無視したり、邪険に扱ったりします。正直、主人の言動にストレスを感じることも増えてきました。

相談員Nさん最期を迎えることへの恐れや不安、怒りなどがこみ上げてきて、ご本人がふさぎ込んだり周囲にあたったりすることは、決して特別なことではありません。周囲の方が無視されたり、冷たく扱われたりすることにストレスを感じるのも無理はありません。しかし、どの場面でも共通していえることですが、まずはご本人の言うことや行うことを受けとめ、辛抱強く相手の言いたいことや考えていることを理解しようと思う姿勢が大切です。ただ、暴力的な言動が増えた、急に体の様子が変わった、昼夜逆転して生活のリズムがおかしくなってしまったといった場合には、病状の変化に伴うものである可能性もあります。在宅の担当医や医療スタッフに相談してみましょう。

家族Sさん私も残された時間を不本意なかたちで終わらせたくはありません。主人とできるだけ楽しい時間を過ごしたいと思っています。でも、なかなかそのような展開にならなくて…。

相談員Nさんもしかしたら、ご本人は今のつらいお気持ちを聞いてもらいたいのかもしれませんが、ご家族や周りの方にどのように話せばよいのか、うまく伝えられていないのかもしれません。楽しい気持ちを分かち合うのと同じように、不安や悲しみについても避けることなく率直に語り合うことができればよいのですが、決して簡単なことではありません。「そうだね」とか「そう思う気持ちもわかるよ」とか、いったんはご本人の気持ちを受けとめてあげる姿勢をみせることで、少しでも前向きな気持ちになれるようになるかもしれませんね。

家族Sさん確かに無意識のうちに、言葉や態度のなかで、暗くなったり不安になったりするような話題を避けるようにしていたのかもしれません。

相談員Nさんそう、あまり構えすぎないことも大切です。ご家族が残された時間を楽しく過ごしたいと思う気持ちもとても大切です。ご本人と日常の出来事を楽しく話し合ったり、思い出話で盛り上がったり、あるいは冗談を言い合ったりできるとよいですね。ご本人の体調や気持ちに配慮しつつも、これまでのイラスト日常生活となんら変わらない空間をつくれるとよいと思います。ご本人にとって、ご家族の笑顔は一番の支えであり、残された日々を生きようとする気力や、最後のひとときを自分らしく過ごしていく心のよりどころになるかもしれません。

家族Sさん例えば、一緒にテレビをみたり、音楽を聞いたりとかでもよいのですか。


相談員Nさんそうですね。病気になる前のご夫婦の過ごし方の延長線でいいのです。ご本人もご家族のいろいろな行事に一緒に参加できるといいですね。一緒に過ごしたときの笑いや涙は、お互いにとって一生の思い出になると思います。

お見舞いの人への配慮

親しくしてきた友人や知人が最期の時間を一緒に過ごしたいと願い、お見舞いを希望した場合は、その人たちに会いたいかどうか、まず本人の意向を確かめましょう。本人がお見舞いに応じたなら、あまり疲れない程度に滞在時間や人数などをあらかじめ調整しておきます。応対することがつらいときや、話すことが苦しそうなときは、訪問者に時間の目安を伝えておき、長い時間のやりとりは難しいことを伝えておくとよいでしょう。

体調や気分がすぐれない、弱った姿をみられたくないなどの理由から、本人が会いたくないという場合には、家族からやんわりと断り、メッセージだけを受け取るようにするのもひとつでしょう。訪問の有無にかかわらず、メッセージノートなどをつくり、お見舞いを希望する人に記入してもらうのもよい方法です。ノートに記載されたメッセージを眺イラストめることで、本人にとって励みになったり、勇気づけられたりすると思います。電話やメールでやりとりをしていただくのも本人にとって負担やストレスの少ない方法です。


在宅での療養のどんなときでも、コミュニケーションに共通するのは本人の言葉に耳を傾け、家族の気持ちも素直に伝えることが大切だということです。本人が精神的に不安定になりやすい時期だからこそ、取り繕うことなく受けとめて、率直に語り合いましょう。

☆POINT
  • 本人の言葉に耳を傾け、心を開いて語り合う。
  • これまでの生活に近い環境を保てるとよい。なるべく自然体で接する。
  • 本人と一緒に家族の活動をするのもよい。
イラスト

3-2-2.家族にとって、大切な心のケア

本人の体調や外見、それに伴う精神面の変化が大きい時期は、近くにいる家族の受けるストレスも大きく、時には本人以上に手厚いサポートやケアが必要になることもあります。家族は自分自身の体調や心の状態にも目を向け、負担やストレスが大きすぎると感じたときには遠慮なく在宅支援チームに相談したり、力を借りたりするようにしましょう。

家族Sさんイラスト自分の身体が疲れてきたこともありますが、夫に付き添っていくことがかなりつらくなってきました。最後まで気持ちがもつか心配です。

相談員Nさんもしかすると今が一番大変なときかもしれませんね。大切な人が弱っていくのを間近で見ているのはとても大変なことです。娘さんや息子さんともよく話をなさっていますか。負担をかけてはいけないとお互いに遠慮があるかもしれませんが、一人で何でも受けとめたり引き受けたりしようとせず、ご家族内で苦しい気持ちを正直に語り合い共有することでご本人の支えになるヒントや提案が得られたり、気持ちを分かち合うことができるのです。今すぐ役立つ具体的な対応方法がなかったとしても、困っていることやつらいことを共有することで、お互い声をかけ合ったり、交替で見守ったりするなど、良い工夫が見つかるかもしれません。在宅支援チームもご家族の心身の健康を気にかけていますから、安心して状況を率直に打ち明けて助けを求めても大丈夫ですよ。

家族Sさんイラスト…あまりお話ししたくはなかったのですが、このごろ、主人はいつも不機嫌で、何をしても言いがかりのようなことを言ってきて、正直心が折れそうです。本人の気持ちを受けとめて…というこの前のお話でしたが、そこまで強くなれるかどうか…。

相談員Nさんそうだったのですか。よく話してくださいましたね。ご本人の気分が不安定になったり、性格が否定的に変わってしまったりするのを見ると、つらい気持ちになりますよね。介護を投げ出してしまいたい、このままでは続けられないという気持ちになることもあるでしょう。そんなときは在宅支援チームに相談して、一時的に介護から離れられる時間をもてるように手配してもらうこともできます。また、「レスパイト入院」といって、介護疲れや急な所用ができたりした場合に、一時的に病院に入院することで、介護者の方の休息や自由になる時間を確保することができる場合もあります。在宅医や在宅支援スタッフに相談してみるとよいでしょう。

イラスト

また、ご家族の気持ちを思い切ってご本人に打ち明けてはいかがでしょうか?受け入れるという話と矛盾するかもしれませんが、あなたの心の中にたまったものを思い切ってご本人に伝えてみるということを試みてもよいかもしれません。いったん言い争ったり傷つけ合ったりすることになるかもしれませんが、ありのままの気持ちをお互いに知ることによって日常的な感覚を取り戻すきっかけになるかもしれません。病気だからと特別扱いするよりも、本音を言い合える関係で接するほうが、ご本人やご家族の気持ちが楽になるということもあります。

話題によっては、ご本人とぶつかるのは避けたほうがよい場合もあるかもしれません。そんなときは、ご自分が暴発する前に少し距離を置くとよいでしょう。そして、別の部屋で思い切り泣いて気を晴らすとか、誰かに話をじっくり聞いてもらうという対処法もあると思います。

家族Sさん私たちは、恥ずかしながら些細ないさかいの繰り返しでこれまで接してきたようなところもあります。言いたいことを言い合うことによって、お互いに胸のつかえが取れそうな気がしてきました。また、一時的にでも介護を休むことができたら少し落ち着くような気もします。

相談員Nさんでは、早速ほかのご家族や友人、在宅支援チームに相談して休息の時間をつくるように準備を始めましょうか。お別れの時期が近づくにつれて、そのような時間はとりにくくなりますから。今のうちに心と身体を一度リフレッシュしておくという選択もあると思います。

暴言や暴力への対処法

本人の心の中で対処しきれなくなった怒りや不安などが、心ない暴言や暴力というかたちで表現されることがあります。その対象は家族や支援チームのメンバーに及ぶこともあります。対象が家族だけの場合、イラスト身内のこととして、誰にも相談できずにいると、本人も家族もつらい時期を過ごすことになってしまいます。できるだけ早い時期に在宅支援チームに相談しましょう。お互いの心に大きな傷を残さないためにも、専門家を交えてきちんと対処することが重要です。

家族が精神的、身体的に疲弊して絶望的になったり、怒りを感じて大きなストレスを抱えたりするのは無理もありません。本人にやさしくできないことに負い目を感じたり、長年の葛藤やわだかまりが胸に湧き上がったりすることもあるかもしれません。そんなときは無理に抑えるのではなく、本当の気持ちとして大切にありのまま受け止め、表現できる場をつくるのも一つの方法です。家で過ごす患者さんと家族を支える在宅支援スタッフは多くの経験をもとに相談に乗ってくれると思います。

☆POINT
  • 自分の体調や心の状態にも目を向ける。
  • ストレスがたまったら、誰かに気持ちを聞いてもらう。
  • 本人と互いに本心を語り合うことも考える。
  • 負担やストレスが大きすぎると感じたら、在宅支援チームに相談して休息をとる。
前へ
次へ

掲載日:2015年12月21日
アンケートにご協力ください アンケートページへ
「がんの在宅療養」ウェブサイトについて、あなたのご意見・ご感想をお寄せください。