がんの在宅療養 地域におけるがん患者の緩和ケアと療養支援情報 普及と活用プロジェクト
  • HOME
  • 在宅療養ガイド
  • 活動・フォーラム
  • 活動に寄せて
HOME > 在宅療養ガイド > この本の読み方

この本の読み方

「ご家族のための がん患者さんとご家族をつなぐ在宅療養ガイド」は、患者さんが自宅で療養し、最後のときまで過ごすストーリーを中心に作成しています。在宅の環境は自宅以外でも、介護福祉施設(老人保健施設や特別養護老人ホームなど)や療養型病床などの医療機関でも、患者さんの病状や個々の施設の特性に応じて整えていくことができます。

患者さんとご家族が過ごしやすい環境を整備していくにあたって、「こうしなければならない」という決まりはありません。患者さんとご家族、そして医療や療養を支えるスタッフが話し合って、どのようにしていくかを一緒に考え、つくっていくものです。

ご自分の関心のあるテーマや内容について、どこからお読みいただいても構いません。在宅で人生の終わりの時期をともに暮らす生活について、そして看取る時期の話題や患者さんが亡くなったあとの生活についても、この本では取り上げています。「今は読みたくない、考えたくない」という内容は、無理してお読みいただかなくても大丈夫です。

不安や心配なことがあればいつでも近くの医療者、介護・福祉のスタッフなど、周りの人に相談することができます。どうぞこの本を、住み慣れた環境のもとで安心して時間を過ごすために、ぜひご活用ください。


前へ
次へ

掲載日:2015年12月21日
アンケートにご協力ください アンケートページへ
「がんの在宅療養」ウェブサイトについて、あなたのご意見・ご感想をお寄せください。