がんの在宅療養 地域におけるがん患者の緩和ケアと療養支援情報 普及と活用プロジェクト
  • HOME
  • 在宅療養ガイド
  • 活動・フォーラム
  • 活動に寄せて

がん医療フォーラム2017 がん患者さんを地域で支える 市民が望むがん医療と福祉のかたちとは
開会あいさつ
秋山 浩保さん(柏市長)

秋山 浩保さん
秋山 浩保さん
動画はこちら 動画

皆さま、こんにちは。ご紹介いただきました地元柏市の市長、秋山でございます。本日は雨が強い中、がん医療フォーラム2017にご参加いただきましたこと、感謝申し上げます。

司会の方からお話があった通り、今日のフォーラムは1部、2部とあります。1部はがんについてですが、2部は地元柏市のお医者さん、あるいは医療関係者、介護関係者の皆さんがご参加なさって、いろいろお話しいただく形になっています。柏市は在宅医療を中心とした在宅ケアが地域全体にうまく進んでいるということで、全国的にも大変に有名です。

例えば脳疾患になって、あるいはがんを患ったりして、治療してすぐに治るというわけではなく、いろいろな形で医療・介護のケアを受けざるを得ないような状況になったときに、ご自宅で病院や施設なみの安心感をもってケアを受けられる体制づくりを、全国でいろんな形でチャレンジをしています。その一つのモデル的な事例として、柏市が注目をされています。在宅ケアがどのようなかたちで、がん患者さんを支えるのかといった部分を、今日は現場の皆さんからお話があると思います。ぜひ参考にしていただければと思います。

がんであれ、在宅ケアであれ、医療・介護関係者の皆さん、あるいは患者さん、そのご家族の皆さん、そういった皆さまが病気やケアに関してたくさんの知識を持っていただいて、同じ知識のもとで患者さんを取り囲んでいくことが大事です。今日、このがん医療フォーラムが皆さんにとって、とても有意義な時間になりますことを心より願っております。

最後になりますが、今回のフォーラムは正力厚生会の皆さまから本当に大きなご尽力を賜りましたこと、改めて感謝申し上げます。 では本日、どうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。

掲載日:2017年12月19日
アンケートにご協力ください アンケートページへ
「がんの在宅療養」ウェブサイトについて、あなたのご意見・ご感想をお寄せください。